浄化槽管理会社向けシステムのパッケージソフト。低価格で請求業務などの維持管理に。

スタッフブログ

需要を最大限取り込むために必要なで若手の人材を確保するために大切なこと

平成26年度末の普及率は8.91%となっていますが、国内における浄化槽の普及は年々増加傾向になっています。

一般的に浄化水槽の普及率は汚水処理が進んでいる人口が多い地域ではなく、人口5万人未満の地域で高くなります。

そのため、現在1,300万人と言われる浄化水槽未普及の人口は、主に人口が少ない地域に存在していると考えられます。

これらの地域は都市部と異なり各世帯が分散していることが推測できるため、需要を最大限取り込むために、浄化水槽を設置する業者は効率的な作業と人材の確保が必要になってきます。

少子高齢化による労働人口の減少が進む日本国内では、今後長期で会社を支えてくれる若手社員の確保が非常に難しくなってきています。

会社にとって生命線となる若手社員を確保するには、福利厚生の充実や労働環境の改善は勿論ですが、経営者を含むベテラン社員が若手社員の持つ価値観を認めてあげることが必要になります。

経験が浅い若手社員は経営者にとって頼りなく見えてしまうこともあり、自分の経験や価値観を押し付けて下積みを要求しがちです。

しかし、様々な情報が容易に入手できる現在では、価値観を一方的に押し付けるのは若手社員の定着を遠ざけるリスクとなります。

経営者は若手社員と接するなかで感じる違和感を受け入れ、若手社員の価値観を認めてあげることが必要です。

そうすることで、若手社員の自己肯定感を上げることができ、結果としてやりがいのある仕事ができる職場環境を作ることができるようになります。

>>ウェブサイトのトップページへ戻る