浄化槽管理会社向けシステムのパッケージソフト。低価格で請求業務などの維持管理に。

スタッフブログ

若手社員を一流の人材に育てる1つの方法

浄化水槽清掃業を安定して継続していくには、人材確保が重要になります。

特に将来の幹部候補としても大切になってくる若手社員の確保と育成は、企業の業績を支える重要なポイントになります。

これまでの日本はOJTや下積みなどを重要視しており、経験の浅いうちは責任のある仕事を任せることがあまり多くありませんでした。

市場競争が激化していく経営環境において、これまでのようにゆっくりと人材を育てている余裕はありません。

今後は如何に早く獲得した人材を即戦力に育て上げるかが重要となります。そのためには、会社に入ってきた若手を育てるには如何に責任がある仕事を与えるかが重要になってきます。

著名な経営学者である故ピーター・F・ドラッカー氏も「責任は成功の鍵である。自らに責任を持たせることである。あらゆることがそこから始まる。地位ではなく責任である」と説いています。

人手不足で人材の売り手市場である状況において、責任のあるポジションで成長を実感できる環境を提供しなければ、直ぐにほかの会社に移ってしまう可能性があります。

今後は責任のある業務を早く与えて若手社員に自分の成長を実感してもらうことが、若手社員の成長を促すと同時に、人材の安定化を確保できるのです。

>>ウェブサイトのトップページへ戻る