浄化槽管理会社向けシステムのパッケージソフト。低価格で請求業務などの維持管理に。

スタッフブログ

浄化槽法に基づく保守点検の作業の流れ

浄化槽は定期的に保守点検を行う必要があります。
ここでは、浄化槽法に基づく保守点検の作業の流れについてご紹介しましょう。
なお、保守点検の作業内容は、浄化槽の人槽や型式、浄化槽の状態、顧客の環境などによって違ったり、追加したりする場合があります。
・顧客宅を訪問する
初めての顧客の場合は、身分証を示して、浄化槽の点検を始めることを伝えます。
・一次処理水を採って、透視度を測る
・溶存酸素を測って、微生物にとってばっ気層の酸素量が快適な状態であるかを見極める
・二次処理水を排水して、透視度を測る
浄化槽の中のPHを測って、アルカリ性、中性、酸性を判定して、正常に機能しているかをチェックします。
・残留塩素の値を測って、塩素によって放流水が滅菌されているかを判定する
・浄化水槽あるいは沈殿槽に、浮遊物や浮上汚泥のスカムがあれば除去する
・薬剤を補う
滅菌用の次亜塩素剤の量をチェックして、少ない場合は補います。
・送風機を点検する
送風機本体の振動や異常音、付属品の破損などをチェックします。
また、フィルターの掃除、ベルトやオイルがあれば、オイル量などをチェックします。
・制御盤がある場合は点検する
制御盤の中に異常がないか、電気機器に異常がないかを点検します。
・点検した結果の報告と次回の点検予定を連絡する
記録表を、点検した結果に基づいて作って顧客に渡して、作業内容を説明して、次回の点検予定を連絡します。
このような保守点検作業は、浄化槽法で決められている基準に基づいたものです。

>>ウェブサイトのトップページへ戻る