浄化槽管理会社向けシステムのパッケージソフト。低価格で請求業務などの維持管理に。

スタッフブログ

浄化槽管理士の役目は非常に大切である

・浄化槽業務を行う人とは?
浄化槽業務は、浄化槽設備士、浄化槽管理士、浄化槽清掃技術者、浄化槽検査員と言われている人が行っています。
このように一つの浄化槽の場合でも、きれいな水に汚れた水をするためにはいろいろな人が関係しています。
・浄化槽管理士とは?
浄化槽は十分に機能が発揮されるには、定期的に浄化槽の調整、点検、修理を行う必要があります。
技術上の基準が、浄化槽の保守点検の場合はあり、専門的な技能や知識がこの基準を守るためには必要になります。
そのため、保守点検の場合の国家資格として、浄化槽管理士が設けられています。
浄化槽管理士の業務としては、
・浄化槽に付いているさまざま機器や装置類が正常に作動しているか
・全体の浄化槽の運転状態や放流水の状態は正常か
・汚泥が溜まっている状態は問題ないか
・ろ材や配管が詰まっていないか
などを調査して、機器や装置類の調整などを行います。
・浄化槽管理士の役目とは?
浄化槽は、設置した後の保守点検を適正に行わないと、本来の能力・機能が発揮できません。
そのため、浄化槽管理士という浄化槽の保守点検を行う人の役目は非常に大切になります。
関心が環境問題に対して高まってくるにつれて、関連法規の浄化槽法などは何回も改正され、より高い浄化能力の浄化槽が求められるようになっています。
そのため、知識として浄化槽管理士に要求されるものも、より高度になってきています。
今からの環境問題として水質汚濁というものを語る場合は、下水道と並んで浄化槽は非常に大切なものであり、国家資格として浄化槽管理士の価値はますます大切になります。

>>ウェブサイトのトップページへ戻る